フィリピン・エスカランテ市での活動紹介

  エスカランテ市の市役所、CityHall



エスカランテ市の市長から友好の証として“市の鍵”を。

 エスカランテ市は、フィリピンの重要な産業であるサトウキビ産業の拠点、ネグロス島にあります。エスカランテ市ではネットワークHITOがこれまで続けてきた人間交流の活動を高く評価し、「ぜひこの地でも日本語教育を!」と、2004年にネットワークHITOに向けて打診してきました。その後、ネットワークHITOとエスカランテ市との協議の結果、2005年8月から、同市の全面的なバックアップの下、成人を対象にしたシティホール(市役所)での日本語教室と、高校生を対象として同市の高校での日本語の授業がスタートしました。

 島国であるフィリピンはそれぞれの島によっても発展の度合いや文化・風習が少しずつ違います。エスカランテ市は首都のマニラからは飛行機と車を乗り継いで5時間の場所にあります。そんなエスカランテ市にとって、日本語の教室が出来るのは初めてのことですが、市の今後の発展を願って市議会の全会一致でこのプロジェクトがスタートしました。

 フィリピンの人たちにとって日本はとても親しみの持てる近しい国。日本人にとってもこの国に住む人たちの“あたたかさ”と“おおらかさ”はきっと心地よく感じるでしょう。

 City Hallでの授業風景。大人でも楽しく学んでいます。

City Hallでの日本語教室

 成人対象の日本語クラスを、週に1回エスカランテ市の市役所(City Hall)で、2クラス開講しています。
 1つのクラスは市の職員中心のクラス、もう1つのクラスは市民のために開かれたクラスです。成人学習者の中には、実際に数ヵ月後には日本に行く予定があり、それに向けて学習している人も少なくありません。そういった人たちは日本語学習の必要性があるので、学習意欲も当然高く、授業中も真剣です。

  High Schoolでの日本語授業

 エスカランテ市では今後の市の発展のために、「将来有望な若者にも日本語の学習をしてもらおう」と、高校で第三言語として日本語の授業を始めました。高校生の学習者にとって日本語はまったく未知の言語であり、日本に対する知識もあまりありません。そんな彼らは日本人の先生の一挙手一投足にも興味津津です。


日本語を通して
就業率向上を支援高校での授業。学生にとって日本語は初めての言語。
 フィリピンでは失業率が11.8%と非常に高い数値を示しています。この数値は国全体の平均値ですが、田舎に行くほど高くなり、中央から遠く離れた自治体ではもっと深刻な数字となって、現地の人たちの生活にも暗い影を落としています。
 その反面、フィリピンには年間38万人もの日本人観光客が訪れています。したがってフィリピンにとって日本は観光の最優先市場の一つになっています。日本語を学習することで、地方に住む学習者にも就業の可能性が広がります。ネットワークHITOでは日本語教授法等の専門的研修を終えたボランティアが、日本語教師として派遣され、日本語教室を担当します。フィリピンの人たちが少しでも多く就職の機会を得ることを目的とし、日々の教室活動を通して心と心の交流の輪を広げていきます。(※数字は2003年調べ)

日本とフィリピンの架け橋に
 地方都市であるエスカランテ市に住む人たちにとって、日本人と接することはあまり頻繁にあることではない様です。したがって日本人のことや、日本の歴史・文化・風習などを知ることもほとんどありません。しかしその一方、首都であるマニラでは、外を歩けば日本人の顔を見ると言っても大袈裟ではないかもしれません。
 この様に首都から離れた地方にとって、「近くて遠い国」である日本ですが、このプログラムによって、ほんの少しでも心の距離が縮まればと、わたしたちネットワークHITOは考えています。

教える側も学ぶ側も一生懸命ですフィリピン側の支援体制

 現在、エスカランテ市ではネットワークHITOから派遣しているボランティアスタッフに対して、住居・食事などを提供し、現地価格での月給も支払っています。また、我々の活動が円滑に行われる様に、ボランティアスタッフの身の安全、セキュリティに関しても同市では全面的なバックアップを約束しています。

日本側の支援体制

 ネットワークHITOでは、ボランティアとして実際に現地で教壇に立とうという人たちや、その人たちを精神的・経済的に援護しようという人たちが中心となって、フィリピン・エスカランテ市での活動を支えています。
 また、年に数回ツアーを組んで現地を訪れ、現地ボランティアスタッフやエスカランテ市の人々と心と心の交流をしています。

 日本語教師を募集する時期は現地の状況などにより流動的になります。詳しくは掲示板等でご確認いただくか、直接ご連絡下さい。サポーターは常時募集中です。もし、興味をお持ちいただけましたら、下記の事項をご記入の上、ネットワークHITO代表:寺川、または事務局:奥野までご連絡下さい。詳細をお知らせいたします。

ご連絡いただく事柄授業の合間にも学生と楽しいおしゃべり

氏名(フリガナも)
年齢(よろしければ)
連絡先(自宅・勤務先)
郵便番号
住所
電話番号(都合の良い時間帯があればご記入下さい)
フィリピンとの関わり(ある・ない)--ある時は簡単にその内容をお書き下さい
その他連絡事項など

連絡先

郵便
 〒574-0011
 大阪府大東市北条1-15-9
 ネットワークHITO 副代表:奥野 拓
電子メール
 奥野 拓


 


トップへ

サイトマップ




このホームページに関するご意見・ご感想は奥野までお寄せ下さい。
最終更新日 2006.02.19