ネットワークHITOとは・・・



ネットワークHITOは、主にアジア地域で活動を展開している国際ボランティアグループです。

 アジア地域における人的交流の可能性を、日本語教育縫製指導などのプログラムを通じて模索し、人と人とがお互いに支援しあうことを目的として、活動を広げている草の根ボランティアグループです。

活動の経緯

 ネットワークHITOは1997年1月に設立されました。ネットワークHITOのHITOとは“Human Interacion Operations”の略であり、「人間交流」という意味です。またHITOとは漢字で“人”と書き、人と人とがお互いに支えあっている象形という俗説もあります。「与える側」から「受け取る側」への一方向的な援助ではなく、援助を通してお互いが学びあい、心と心を通わせあいたいとの願いを込めて名づけました。

 当初はミャンマー第二の都市であるマンダレーに“HITOセンター”という名の建物を建て、マンダレーYMCAとの協力関係の下で、日本語教育と縫製指導を行うことを目的とし、グループ名も“HITOセンター”としていました。 
 ミャンマーに対する支援活動は3年後の2000年12月を一つの区切りとして設定しました。支援の期限を設けたのは、「3年後のHITOセンターの状況を見れば現地に本当に必要とされているかどうかを推し量ることができる」と考えたからです。もし独善的で一方通行の支援になっていれば、3年後には現地の人から必要とされず、「日本人の自己満足のボランティア活動」でしかなかったと考えられます。もしそうなった場合はHITOセンターの現地存在理由が無いわけですから、閉鎖も視野に入れるべきであると考えたからです。

 HITOセンター開設のほぼ同時期である1997年3月、同様の主旨でネパールの首都カトマンズに“やさしさ日本語学校”が開校しました。やさしさ日本語学校への支援活動は“グループやさしさ”というグループが行っておりました。

 二つのグループは活動内容もほぼ同じで、共通するメンバーも多数いたことから、1999年4月に合併し、グループ名も“ネットワークHITO”と改め、ミャンマー・ネパールのみならず、世界各地でのグローバルな活動を目指し再出発しました。
 同時に活動期間についても協議がなされ、ミャンマー・ネパールそれぞれのこれまでの活動の意味や成果を踏まえ、メンバーが強い継続の意志を表明したため、引き続き活動を行う事になりました。

新たな活動

 また、こうした私たちの地道な活動を聞きつけ、フィリピンにも日本語教師を派遣してもらえないかとの要請がありました。ネグロス島にあるエスカランテ市市議会から正式に提携を結びたいと打診があったので、日本側で協議を重ね、2005年8月にエスカランテ市と調印を交わし、ミャンマー・ネパールと同様に日本からボランティアの日本語教師を派遣する事になりました。フィリピンでの活動がミャンマーやネパールと大きく異なる点は、現地の行政機関から正式にネットワークHITO側に連絡があり、提携するに至った点です。これはネットワークHITOのこれまでの草の根の活動が多くの人たちに認められ、必要とされているからこその結果であると言えます。

活動の指針

 ネットワークHITOは活動指針として、支援する現地施設は設立から3年をめどに経済的に独立し、その後は物質的支援を中心とするのではなく、精神的支援を中心とするとしています。これは現地に真に必要な存在とされているかの判断基準として、また現地の人たちが支援に頼り過ぎて自立できない事のないように、そしてネットワークHITOが更に各地へと活動を広げていくために必要なルールであると考えています。私たちの目標はあくまで相方向の心の交流であるからです。


 

やさしさいっぱいの日本語学校

ネパール 「Inter-cultural Center やさしさ日本語学校」

 やさしさ日本語学校はネパールの首都カトマンズのニューバネシュアーと言う場所にあります。カトマンズ空港から車ですぐの場所に位置し、数メートル先の表通りにはバス停もあり、人通りの多いにぎやかな場所にあります。
 一時は爆発的であったネパールでの日本語学習熱も近年では下火になり、カトマンドゥ盆地の数多くあるどの日本語教室も経営難に陥っているようです。 このような状況の中で、「やさしさ日本語学校」は、数少ない常勤日本人講師が教える学校として、ネパールでの日本語教育のあり方を模索しております。また、日本語学習だけにとどまらず、日本文化、情報を提供、交換できる場として、書籍やAV機器の充実にも力を入れています。 しかし、その経営状況は厳しく、ネパールでの物価は上がる一方で、飲料水の確保、国際通信費などは日本以上に高くつきます。また、校舎兼現地へ派遣された日本語教師の住居の賃貸料も大きな出費の一つです。
 ネパール「やさしさ日本語学校」へは2001年3月末日をもって当初の契約通り、日本からの経済支援を一旦打ち切りました。しかし、派遣している講師のケアや教育設備改善などで経済的な支援が必要なときは、適宜援助を行っています。もちろん、心の面での繋がりまで切れたわけではなく、今後も対等なパートナーとして共に歩んでいきます。


 

心と心をつなぐ場所、それがHITOセンターです


ミャンマー 「HITOセンター」

 ミャンマー最後の王宮、「マンダレー王宮」のお堀に面した場所にHITOセンターと呼ばれる3階立ての建物があります。この建物は1,2階が教室とオフィス、3階が日本人講師の居室として使われています。HITOセンターもネパールのやさしさ日本語学校と同様、日本人教師が常駐している日本語学校として広く知られています。また、縫製学校としても多くの学生を抱え、ミャンマー女性の社会的経済的自立に一役買っています。
 日本から派遣される講師によって、1年、半年、3ヶ月と任期は様々ですが、1年以上の任期になると、お国の事情でビザの取得が困難になります。また、YMCAとの結びつきが強いとはいえ、この国での学校運営は楽なものではありません。 日本語の学習を1年間続ける学生はアドミッション時の10%に満たないため、限られた時間と講師数で、このようなクラスを続けることは難しいく、また、長期にわたって学習したいという学生にとって、授業料を支払っていくことも非常に難しいのです。 現在では、短いタームのクラスを設定して受講生を確保していますが、長期間学習をしたい学生のケアをどうするか、どのような人々を対象にした日本語教育であるのか、など重大な課題を抱えています。


 

エスカランテの高校で元気いっぱい日本語を

 

フィリピンでの活動

 

 ミャンマーやネパールとは異なりフィリピンには活動拠点となる学校などの建物は今のところ存在しません。フィリピンでの活動は2005年8月から正式にスタートしました。ネットワークHITOはエスカランテ市に日本からネイティブの日本人教師を派遣し、エスカランテ市側では現地に住む日本人教師の身辺の安全と生活の保障をするとの内容で、エスカランテ市議会とMOUを交わしました。
 日本から派遣された日本語教師は市役所内の一室で市民と市職員に日本語を教え、市内にある数ヶ所の学校で日本語の授業を担当しています。市の全面的なバックアップはありますが、始まったばかりのプログラムであり、これから様々な課題を乗り越えていかねばなりません。

 

 

トップへ

サイトマップ




このホームページに関するご意見・ご感想は奥野までお寄せ下さい。
最終更新日 2006.02.12